MENU

 

『保険ってむずかしくて、
どう選んでいいかわからなーい!!』

 

という人はこちらをチェック

女性向けタイプ

40代半ばから20年間、一番死亡率が高いがんは、乳がんです。
女性向けタイプのがん保険は、
乳がんや子宮がん等、女性器の場合に手厚いです。
女性器の場合は生存率も高いので、保障の充実度はかなり重要です。

 

 

女性向けタイプのおすすめポイント

女性向けタイプのおすすめポイントは、これ1つで万能型ということです。
基本的な形は、
性別を問わない病気やケガへの基本保障+女性特有の病気への上乗せ保障。
医療保険に加えて、がん保険で入らなくても良い場合が、今は多いですね。

 

入院日額10,000円・女性疾病入院日額5,000円のプランの場合、
もし子宮がんの治療のために入院したら、
1日10,000基本保障に、女性特有の病気に対する5,000円の保障が上乗せです。

 

妊娠・出産に伴う疾病や、乳がん・子宮がんなどは、
人生のうちでかなり若いうちから罹患しやすいです。
失礼ですが、20代30代のあなたの経済力は、いかほどでしょうか?
十分な貯蓄が出来ていないなら、医療費負担は大きいですよね〜。

 

医療保険とがん保険を2つ入るより、女性向けタイプ1つに加入する方が、
保険料が掛かりませんし、万能型の保障ですし、お勧めです。

 

 

女性向けタイプの要注意ポイント

女性向けタイプの要注意ポイントは、各社のプランの多彩さです。
プランが多彩ということは良い事のように思えますが、
それは保険に詳しい方だけに当てはまるメリットであり、
詳しいとは言えない方にとっては、惑わされる大きな理由です。

 

とりあえずどの女性向けプランも、
基本的医療保障&女性向け医療保障のベースは、備えています。
そこに、ボーナス金・祝い金が付いてくるから、惑わされます。
「どのプランのボーナスや祝い金が利率が良いか?」って考えるから(笑)!

 

ハッキリ言いますが、保険会社の得意分野は、保険です。
祝い金やボーナスというお金の利殖に関しては、得意中の得意では無いです。
生命保険会社も金融のくくりですが、やはり銀行や証券会社の方が得意です。
そういうところに利殖は任せた方が、お金は増やせます!

 

なんで女性向けプランには、ボーナスとか祝い金が多いのでしょう?
それは、こうしたプラスアルファが、女性は好きだからなんですよね〜。
かつて女性の保険加入率が低かったため、苦肉の策として付けられています。
いわゆる「つかみ」的な感じですから、あなたは付けないで下さいね。

 

 

こちらからは、各社女性向けプランの資料が一括で取り寄せられます。

 

 



 

 

保険料削減、保障内容の充実、あなたの保険はもっとよくなる!

 

保険会社の特徴はそれぞれ!
本当にあなたに合う保険を見つけてみませんか?

 

 

無駄に払っている保険料。
本当はもっと安くなるんです!

 

 

20代・30代・40代、ライフステージに併せて、
あなたにピッタリの保険はどれ?

 

こんな悩みはもちろん、保険についてはいろいろな希望や悩みがあると思いますが、
そんな人にこそ、私スカイは保険マンモスなど、保険の無料相談サービスをおすすめします。
年間保険料を10万以上節約したケースもありますし、
年代に併せた、あなたに最適な保障内容を提案してくれます。
無料相談サービスについて、知りたい方はこちら

 

 

 

 

 

●スカイがこのサービスをおすすめする理由
中立の立場だから、本当にあなたにピッタリのプランを提案できる
相談だけで、保険に加入しなくてもOK
平均5年の実務経験を持つ保険専門家FPが対応してくれる
これだけ揃って、無料で利用できる!

 

 

マンモス

 

※無料相談する前に、自分で各社の資料を確認しておきたい人は、
 下記から一括で資料請求が可能です。


  [PR]保険市場

 

 

 

女性向けタイプ関連ページ

終身タイプ
定期タイプ
保険料が安いプラン