MENU

 

『保険ってむずかしくて、
どう選んでいいかわからなーい!!』

 

という人はこちらをチェック

終身タイプ

がん保険の保険料が気になる場合は、たいていが終身タイプです。
一生涯の保障が付くのですから、やはり保険料は安くはありません。
でも、今現在で全くがん保障が無い場合、終身タイプを私はお勧めします。

 

 

終身タイプのおすすめポイント

一体、人は何歳でがんに罹患しやすいのでしょう?
まず女性は、40歳前後から罹患しやすくなります。
そして50歳半ばになると、男性とクロスし、そこからは男性が急増します。

 

女性は、若くから罹りやすいけど、増加率は緩やかで、
男性は、50歳半ばまでは増加率は緩やかだけど、それ以降は急増加します。
そしてそこから寿命まで、増加し続けていきます。

 

そう考えると、やはりがんは、一生涯罹るリスクがある病気です。
確かに年齢を経る程、病気の進行は遅くなる傾向がありますが、
罹る可能性は、歳を経る程高まるのです。

 

終身タイプのがん保険のおすすめポイントは、やはり一生涯保障です。
そして一回加入すれば、保険料の更新はありません。
(先進医療特約の保険料だけは、更新する場合が多いです。)

 

また、これを若くて健康なうちに準備しておけば、
一生涯割安保険料で続けられます。
しかも若いうちに加入すれば、払込満了年齢も早く設定できます。
例えば、55歳払込満了で一生涯保障なら、あなたもかなり安心なのでは?

 

 

終身タイプの要注意ポイント

生命保険商品の中で、最も保険料が高めなのが、なんとがん保険です。
今や国民病とも言える罹患率ですから、
生命保険会社側も支払うリスクが高いからです。

 

また、がん保険は顧客ニーズが高い商品ですから、
会社側も研究開発にはお金を惜しみません。
しかも多くの競合会社が、多彩ながん保険商品を毎年作り出しています。
そこに勝つためには、やはり研究開発費は膨大に必要なのです。

 

そしてがん保険は、広告費を費やしても最もモトが取れる商品です。

 

このように、
支払リスクが高く、研究開発費や広告にお金が掛かり、しかも終身保障・・。
やはり終身タイプの要注意ポイントは、その保険料の高さです。

 

昨今、収入が激減して保険を解約する契約者が増えています。
これはしょうがない事とも言えますが、やはりリスクが高いです。
お金が無い状態でがんに罹って無保険では、経済ダメージは計り知れません。
プランを万全するのは良いですが、保険料を払い続けられか見極めましょう。

 

また、支払期間を一生涯にしているあなたは、気を付けて下さい。
確かにそうすれば、60歳払込満了等より毎月の負担は少ないですが、
老後も死ぬまで払い続ける覚悟が必要です。



 

 

保険料削減、保障内容の充実、あなたの保険はもっとよくなる!

 

保険会社の特徴はそれぞれ!
本当にあなたに合う保険を見つけてみませんか?

 

 

無駄に払っている保険料。
本当はもっと安くなるんです!

 

 

20代・30代・40代、ライフステージに併せて、
あなたにピッタリの保険はどれ?

 

こんな悩みはもちろん、保険についてはいろいろな希望や悩みがあると思いますが、
そんな人にこそ、私スカイは保険マンモスなど、保険の無料相談サービスをおすすめします。
年間保険料を10万以上節約したケースもありますし、
年代に併せた、あなたに最適な保障内容を提案してくれます。
無料相談サービスについて、知りたい方はこちら

 

 

 

 

 

●スカイがこのサービスをおすすめする理由
中立の立場だから、本当にあなたにピッタリのプランを提案できる
相談だけで、保険に加入しなくてもOK
平均5年の実務経験を持つ保険専門家FPが対応してくれる
これだけ揃って、無料で利用できる!

 

 

マンモス

 

※無料相談する前に、自分で各社の資料を確認しておきたい人は、
 下記から一括で資料請求が可能です。


  [PR]保険市場