MENU

 

『保険ってむずかしくて、
どう選んでいいかわからなーい!!』

 

という人はこちらをチェック

保障金額の決め方

入院給付金・診断給付金・先進医療給付金は、がん保険の3つの柱です。
どれも充実させることが出来たら、本当に手厚いプランと言えます。
でも、あなたも限られた予算からプランに入るのでしょうし、
どれも充実させると言うのは、難しいのではないでしょうか?

 

 

単価を考える

がんプランの中には、色々な保障が入っていますよね。
診断時の一時金・入院・手術・通院・先進医療・死亡保険金・収入サポート。
もちろんプランによりますが、大体この辺りがメジャーな特約です。
(収入サポートは、がんで働けない場合等の、年金型の給付金のことです。)

 

このなかでも、単価が高いものと安いものがあります!
生命保険会社は、使われる頻度が高い特約ほど、高い保険料を取ります。
最も使用頻度が高いもの、それは診断給付金と入院給付金です。

 

あなたもがんに罹患したら、特にこの診断給付金の事が頭に浮かぶでしょう。
だって、医師に診断されるだけで受け取れる、まとまった額のお金ですから!
入院しようとしまいと、手術しようとしまいと、貰えます。

 

そしてがん治療は、いきなり通院からスタートというのは稀です。
確かに在院日数(入院日数)は年々減ってきていますが、
それでも数日は入院治療を受けるというのが、まだ大多数です。
手術・先進医療はしなくても、入院給付は受け取れます。

 

逆に単価が安いのは、やはり先進医療特約です。
また、死亡保障も基本的には掛け捨てですから、やはり単価は安いです。

 

 

コスパの良い保障金額の決め方

大体の話でもありますが、がん保険の特約は、
診断給付⇒入院⇒収入サポート⇒手術⇒通院(または退院療養一時金)⇒死亡保険⇒先進医療
の順に、単価は高いです。
限られた予算からねん出するのですから、ムダは省きましょう。

 

収入サポートや死亡保険の特約は、付けなくてOK

収入サポートは、大半の契約者は支払った保険料ほど年金を貰えていません。
死亡保険は、別途掛け捨ての定期死亡保険金があれば事足ります。

 

入院保障は無条件で付ける

入院保障が無いプランも増えていますが、やはり必要な保障です。
また、手術保障は入院保障と大体セットですから、これも無条件に付きます。
入院保障金額の決め方は、前に話した通りです。

 

先進医療はもちろん、通院保障も充実させる

これからは通院治療の時代、日額6,000円とか、上限まで付けて下さい。
なぜなら、未だに通院特約の単価は安いんです!お買い得なんです!!

 

最も充実させるべきなのは診断給付特約

がん治療は、部位やステージによって、必要な医療費がかなり異なります。
入院日数が長い・ほぼ通院メインの治療・先進医療利用で高額・・。
本当に容体によります。

 

ですから、治療方法に左右されない、がん診断給付金は、
誰にとっても一番重要な保障なんです。

 

確かに単価は高いですが、最も予算を割いて欲しいです。
200万でも300万でも、高めに設定して下さい。

 

「複数回受け取れるもの」と「保障期間を通じて1回限り」で迷ったとします。
そうしたら、がん家系なら複数回、そうでないなら1回限りにして下さい。
これが、コスパの良い診断給付金の保障金額の決め方です。



 

 

保険料削減、保障内容の充実、あなたの保険はもっとよくなる!

 

保険会社の特徴はそれぞれ!
本当にあなたに合う保険を見つけてみませんか?

 

 

無駄に払っている保険料。
本当はもっと安くなるんです!

 

 

20代・30代・40代、ライフステージに併せて、
あなたにピッタリの保険はどれ?

 

こんな悩みはもちろん、保険についてはいろいろな希望や悩みがあると思いますが、
そんな人にこそ、私スカイは保険マンモスなど、保険の無料相談サービスをおすすめします。
年間保険料を10万以上節約したケースもありますし、
年代に併せた、あなたに最適な保障内容を提案してくれます。
無料相談サービスについて、知りたい方はこちら

 

 

 

 

 

●スカイがこのサービスをおすすめする理由
中立の立場だから、本当にあなたにピッタリのプランを提案できる
相談だけで、保険に加入しなくてもOK
平均5年の実務経験を持つ保険専門家FPが対応してくれる
これだけ揃って、無料で利用できる!

 

 

マンモス

 

※無料相談する前に、自分で各社の資料を確認しておきたい人は、
 下記から一括で資料請求が可能です。


  [PR]保険市場