MENU

 

『保険ってむずかしくて、
どう選んでいいかわからなーい!!』

 

という人はこちらをチェック

20代〜30代向け(2016年版)

このまま加入してもあなたに納得してもらえるような、
20代〜30代向けの、そんなプラン選びのシミュレーションです。

 

率直なところ、あなたは、どれくらいがん保険にお金を割けますか?
充実した保障内容は、保険料に比例します。
保険商品にはキャンペーン価格はありませんからね〜。
保障内容重視・保険料重視、両方から選んでみました。

 

 

保障内容重視

まだお若いあなたなら、保障内容重視で選び放題です!
若くて既往歴が無いうちに、ばっちりなプランを準備しましょう。

 

オリックス生命「がん保険Believe[ビリーブ]」

入院給付は、支払回数・支払日数ともに制限が無いこと、
最初のがんも再発のがんも、診断給付金が使えること、
これが、「がん保険Believe[ビリーブ]」の大きな特徴です。

 

このプランを詳しく知りたいあなたは、
オリックス生命 believeを参考にして下さい。

 

入院日額10,000円しか選べないことで、かえって内容が充実

こちらのプランは、49歳までは入院日額は10,000円しか選択できません。
(50歳以降なら5,000円も選択できます)

 

ここで、もう一度主契約を確認してみましょう。

  • がん入院給付金
  • がん初回診断一時金(入院日額の100倍)
  • がん治療給付金(入院日額の50倍)
  • がん手術給付金(入院日額の20倍)
  • がん退院一時金(入院日額の10倍)
  • がん先進医療特約(通算2,000万円まで)

ほとんどの給付金が、入院日額が基本です。

 

なので、具体的な保障内容は、以下のようにかなり手厚くなります。

  • がん入院給付金(日額10,000円)
  • がん初回診断一時金(100万円
  • がん治療給付金(入院日額の50万円
  • がん手術給付金(入院日額の20万円)
  • がん退院一時金(入院日額の10万円
  • がん先進医療特約(通算2,000万円まで)

 

診断給付は、2回目以降は50万と半減しますが、
この50万円は回数無制限です。
また、入院後の退院一時金10万円も、何回でも支払われます。

 

特約を付けなくてもかなり手厚い内容

特約は、がん通院給付金だけです。
入院日額と同額(この場合10,000円)で、
内容により60日限度〜日数無制限となります。
これを、付けない場合・付けた場合の保険料は、以下のとおりです。

 

付けない場合(保険料は終身払い)

 

年齢

保険料

男性

25歳

2,220円

30歳

2,580円

35歳

3,070円

39歳

3570円

女性

25歳

1,900円

30歳

2,170円

35歳

2,490円

39歳

2,770円

 

付けた場合(保険料は終身払い)

 

年齢

保険料

男性

25歳

2,560円

30歳

2,990円

35歳

3,560円

39歳

4,150円

女性

25歳

2,300円

30歳

2,640円

35歳

3,040円

39歳

3,390円

 

35歳あたりからは、通院給付金の単価が高くなってきますね。
だいたい500円超、年間なら6,000円超違ってきます。
日額10,000円ですから、それなりの単価になるのは当然ですがね。

 

ところで、あなたは他に医療保険で通院保障を持っていませんか?
もしくは、職場のグループ保険で通院保障はありませんか?
もし保険料が高い場合、他の既契約で通院保障があるなら、
このプランでの通院給付金は外しましょう。

 

 

アフラック「新 生きるためのがん保険レディースDays」

「女性特定ケア給付金」「「乳房再建給付金」が主契約に含まれること、
入院しなくても三大治療を保障してくれること、
これが「新 生きるためのがん保険レディースDays」の大きな特徴です。

 

このプランを詳しく知りたいあなたは、
女性向けがん保険ランキング(2016年版)を参考にしてください。
単価の割に特約の内容が充実しているので、
「がん先進医療特約」「診断給付金複数回数支払特約」
は付けましょう。

 

若い女性に心配ながんを手厚くカバー

国立がん研究センターがん対策情報センターのデータによると、

  • 乳がん:30代後半から急増
  • 子宮頸がん:20代後半から急増、30代40代でピーク

という、若い女性に心配な結果が出てきます。
また、女性のがんで多い部位では、乳房が1位、子宮が5位です。

 

万一こういったがんに罹患した場合の保障が、特約を付けなくても厚いのが、
このプランの一番のおすすめポイントです。
乳房再建や子宮全摘出術、卵巣全摘出術が保障されます。
まだ若いあなたの人生が明るくあるために、最適なプランなんです。

 

三大治療を安心して受けられる

手術、放射線照射、抗がん剤投与の3つを、「三大治療」といいます。
特に2つめ3つめは、通院での治療が長引いてお金もかかりますね。
また、抗がん剤治療は、がん経験者の半数以上が受けています。

 

こちらのプランは、以下の三大治療を入院無しでも保障します。
手術は、一部を除き回数無制限です。
放射線治療は、60日間に1回を限度に回数無制限、
抗がん剤治療は、月ごとに給付金を受け取れ、通算で入院日額の600倍まで保障です。

 

若いうちに入院しなくても手厚い内容を準備できるのは、
さすがアフラックのがん保険だな〜という印象です。

 

 

 

保険料重視

若いうちは、保険ばかりにお金を割いてもいられない時期でもあります。
自分に投資したり、公私とも経験を積んだり、やはりお金が必要です!
「保険にはお金を掛けられない!がん保険も安い保険料で!」
というあなた、以下のプランをお勧めします。

 

なお女性向けプランは、保険料重視のあなたにはあまりお勧めでは無いです。
特に祝い金があるプランはその分保険料が高く、もし頑張って契約したとしても、
どこかで中途解約してしまっては、往々にして祝い金部分が元本割れします!

 

 

AIG富士生命「がんベスト・ゴールドα」

主契約が診断給付金だけでシンプルなこと、
がんと診断されたら保険料払込免除になること、
これが「がんベスト・ゴールドα」の大きな特徴です。

 

このプランを詳しく知りたいあなたは、
AIG富士生命 がんベスト・ベストゴールドaを参考にしてください。

 

一時金重視のプラン

「悪性新生物診断給付金」(←主契約)と、
「悪性新生物初回診断一時金特約」は、
合計で300万円まで設定できます。

 

ここまで高額に設定できるのは、いかに一時金を大事にしているかの現れです。
人気のがんプランで、このくらい高額に設定できるものはありませんから。

 

もちろん、初回しか出ない特約より、
2年に1回を限度に回数無制限で出る主契約を高額にした方が、
いざという時使える保険になります。
保険料重視のあなたへ、以下のの比較表(終身払い)を作ってみました。

 

25歳男性

特約なし

特約100万

特約200万

主契約100万

1,664円

2,365円

2,961円

主契約200万

2,764円

3,465円

設定付加

主契約300万

3,864円

設定不可

設定不可

 

25歳女性

特約なし

特約100万

特約200万

主契約100万

1,551円

2,138円

2,621円

主契約200万

2,533円

3,120円

設定付加

主契約300万

3,515円

設定不可

設定不可

 

25歳なら、男女とも「主契約300万・特約設定不可」がお勧めです。
これを保険料変わらず一生涯もてるなら、本当に心強い内容です。

 

 

35歳男性

特約なし

特約100万

特約200万

主契約100万

2,379円

3,477円

4,402円

主契約200万

4,135円

5,203円

設定付加

主契約300万

5,891円

設定不可

設定不可

 

35歳女性

特約なし

特約100万

特約200万

主契約100万

2,073円

2,903円

3,621円

主契約200万

3,522円

4,352円

設定付加

主契約300万

4,971円

設定不可

設定不可

 

35歳で一番コスパが高いのは、男女とも「主契約200万・特約なし」です。
「主契約100万・特約200万」より、使用頻度が高く保険料が安いですから。
もし払えるなら、「「主契約300万・特約なし」がやはりお勧めですが、
保険料の兼ね合いを考えると、人によっては払い難いかもしれませんので。

 

主契約に保険料払込免除が含まれる

こうした、「悪性新生物と診断確定されたら保険料払い込み免除」という保障は、
もし有ったとしても、他社は特約扱いが多いです。
つまり、余分に保険料は払わないと、免除という特典が付きません。

 

でもこちらは、主契約に含まれていますから、本当に助かります。
私は、これはあまり知られていない隠れたメリットだと思いますね。

 

 

 

より自分に合った個別のプランが知りたいなら…

以上がスカイがおすすめするプランですが、
この年代は将来に向けて、保障内容を充実させたいけど、
一方で収入も多くないので、保険料はある程度抑えたいという
むずかしい状況の人が多いと思います。

 

ここで紹介したプランはあくまで一般的に考えて提案していますので、
より自分に合った個別のプランが知りたい場合は、
保険の無料相談サービスを利用するといいですね。

 

無料相談サービスについて、知りたい方はこちら



 

 

保険料削減、保障内容の充実、あなたの保険はもっとよくなる!

 

保険会社の特徴はそれぞれ!
本当にあなたに合う保険を見つけてみませんか?

 

 

無駄に払っている保険料。
本当はもっと安くなるんです!

 

 

20代・30代・40代、ライフステージに併せて、
あなたにピッタリの保険はどれ?

 

こんな悩みはもちろん、保険についてはいろいろな希望や悩みがあると思いますが、
そんな人にこそ、私スカイは保険マンモスなど、保険の無料相談サービスをおすすめします。
年間保険料を10万以上節約したケースもありますし、
年代に併せた、あなたに最適な保障内容を提案してくれます。
無料相談サービスについて、知りたい方はこちら

 

 

 

 

 

●スカイがこのサービスをおすすめする理由
中立の立場だから、本当にあなたにピッタリのプランを提案できる
相談だけで、保険に加入しなくてもOK
平均5年の実務経験を持つ保険専門家FPが対応してくれる
これだけ揃って、無料で利用できる!

 

 

マンモス

 

※無料相談する前に、自分で各社の資料を確認しておきたい人は、
 下記から一括で資料請求が可能です。


  [PR]保険市場

 

 

 

20代〜30代向け(2016年版)関連ページ

40代以降向け(2016年版)
がん既往歴がある方向け(2016年版)